探偵の相場を知ろう!

>

さらに知っておきたい料金のあれこれ

気を付けたい料金の「後払い」

探偵業者と一口に言っても、その料金の支払い方はそれぞれ違います。
成功、失敗による成功報酬型や、着手金は一部事前に支払う、または全額支払うなど、本当に様々です。

中には、料金は後払い、という探偵業者もいます。
調査の終了後に、契約書で決められた料金を支払うシステムですが、これに関しては少々注意しておきたいポイントがあります。
まず、後払いの金額を明確に提示しているか、契約書に追加料金が発生する場合や、保証金の取り扱い方について明記してあるかどうかを確認しましょう。
これらがきちんと契約書に書いてあるかを確認します。
どれくらいの料金が、どんなときに発生し金額に反映されるのかを見なくてはなりません。
あとから高額な料金を請求されないためにも、契約書の段階でよく確認することが大切です。

探偵が調査に失敗したら?

探偵は調査のプロではありますが、ときには失敗してしまうこともあるかもしれません。
そういった場合の料金の返金対応は、失敗の要因によって変わります。

例えば、浮気調査を依頼したとします。
探偵が調査対象を尾行しているとき、そのことを調査対象に気づかれてしまい、尾行や調査を続行できなくなった場合、その気づかれた要因が探偵側にあるのか、それとも依頼者側にあるのかによって、料金の対応は変わります。

探偵側に要因がある場合、それまでの調査分の料金を支払って、残りは返金されるか、ミスの程度によっては全額返金ということもあり得ます。

しかし依頼者側に要因がある場合は、一部返金もしくは返金されない場合があります。

契約書の段階で、返金についてはよく確認しておく必要があります。


TOPへ戻る