• AGA治療薬の特徴を比較

AGA治療薬にはプロペシア、ミノキシジル、ザガーロがあります。それぞれの特徴を比較します。

AGA治療薬とは

EDと並ぶ、男性特有の悩みがあります。薄毛、ハゲ、バーコード等呼び方は様々ですが、どれも総じてカッコ良いとは程遠いものと感じます。

日本国内ではAGA治療はあまり馴染みがなく、ハゲは治らないという定説が浸透しており、一旦ハゲてしまえば、もう世界の終わりというように絶望に陥ってしまう方が多いのが現状ではないでしょうか。しかし現在、病院でも治療でき、それにちなんだ医薬品も数多く販売されており、その効果に関しても素晴らしいと評されており、薄毛は治療できる時代になりました。

会社やプライベートでももう悩む必要がありません。

AGA治療薬とは

プロペシア

プロペシア

先進国や欧米等ではそこまで薄毛に対してはコンプレックスを感じるほどではありませんが、日本国内ではそうではありません。

まだまだ薄毛やハゲに対してはコンプレックスを抱いている人が殆どではないでしょうか?だからこそ、友人の髪が薄くなってきた事に対して、中々突っ込んであげれなかったり、自分自身の髪の毛が薄くなってきたとしても、それを相手にどう伝えて良いか?逆に気を遣わせてしまってるのではないか?等、無限の負のループに陥ってしまう事が殆どではないでしょうか?

薄毛は遺伝や精神状態(ストレス)、生活習慣に起因して発症します。プロペシアは現存する髪の毛を守る事により抜け毛を予防し、更に新生毛をコシのある強い髪質に変えてくれる効果をもたらす薬です。

プロペシアの副作用

副作用に関してですが、良く言われるのは勃起不全頭痛消化不良腹痛等となります。

体質や体調によっては、やはり普段発症していない副作用があらわれる事も報告されております。また、私の知人も常用しており、服用を始めてから、1年少々経過しておりますが、効果は本当に凄いです。会う機会が多かったのですが、みるみる髪の毛が太くなるのがわかりました。最初は額が広く、その事に触れて良いのか迷っていたくらいでしたが、3か月を過ぎる頃には少しずつ頭皮が見えなくなっていき、今は誰がどう見ても薄毛とはわかりません。

その知人曰く、副作用はあまり感じないと言っておりましたが、唯一気になった、服用した翌日は二日酔いのような症状が出たとの事ですが、それ以外は特に気にならないと言っておりました。もう一人の服用した事のある知人は、彼女との夜の営みの際に、中々勃起しない、中折れ等の勃起不全の症状が出たと言っておりました。今のところ、2つの例しか挙げれませんが、やはり副作用は体質や体調により、合う合わないがあると、主観ですが感じました。

プロペシアのジェネリック

お財布にも優しく、安全性という観点からも非常に評価されているジェネリックが【フィンペシア】です。プロペシアと同成分の為、プロペシアが体質に合うという方は、何も問題なくご利用できるのではないかと思います。

副作用の項目で記載いたしておりますが、これも知人の例を挙げるとすると、やはり3か月~6か月は使い続けた方が良いと個人的には思います。継続は力なりではありませんが、1週間2週間程度で効果が出ないからと言って服用をストップしてしまうのは非常にもったいないです。

効果が出始めるのも個人差がありますが、やはり私の知人はどちらも2~3か月が過ぎた頃に少しずつ効果が出てきたと言っており、実際私自身も、知人と会う度、そういえば髪の毛増えたかな?というように思い始めたのがそれくらいの時期でした。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルの効果

プロペシアと同じく有名なAGA治療の医薬品に【ミノキシジル】があります。一度は聞いた事があるのではないでしょうか?プロペシアは既存の毛髪を保護し、新生毛にコシや張りを出すお薬に対し、ミノキシジルは、血流を促す事により、増毛の効果を得る事ができるお薬となります。

こちらのお薬は、タブレットタイプやシャンプータイプ、塗布するタイプと、様々な形態のものが販売されており、さらに特筆すべき特徴としては、プロペシアと併用できる点です。双方の効果を得る事により、更なる増毛が期待できるとされております。中でも、塗布タイプの場合、塗りムラ等があり、中々一人で使用するのは難しいと言われており、タブレットタイプやシャンプー等が人気となっておりますが、そこはそれぞれの好みではないかと思います。

塗布タイプを使用している方は、直接肌につける事で、より一層効果を得られているような、プラシーボ的な側面もあるようです。もちろんどのタイプも効果は間違いなく優れており、あとは体質次第ではないでしょうか。

ミノキシジルの副作用

副作用も体質によりさまざまです。全く何も発症しないという方もいれば、吐き気を感じる方もいますし、軽い眩暈から、動悸等、良く報告されるのはこれくらいでしょうか。中にはむくみを感じる方もいるようです。

重篤な副作用は耳にしたことはありませんが、やはり体質や症状の感じ方により様々ですので、これらの症状が長く続くようであれば、医師に相談するようにしましょう。また、症状次第で服用量が変動するため、より安全に服用を考えるのであれば、まずは服用する前に専門医に相談するのが良いかと思われます。

ミノキシジルのジェネリック

ミノキシジルのジェネリックも、その種類の豊富さや用途に応じた多種多様なタイプが販売されており、非常に大人気の商品となっております。一時的に注文が殺到する事により、品切れになる商品が出る程です。こういった事から言えるのは、非常に信頼性が高く、多くの方に愛用されていると言っても過言ではありません。

ミノキシジルで検索すればその種類の豊富さがお判りいただけるかと思います。タブレットタイプの場合は、服用量を症状に応じてコントロールする事ができ、コストパフォーマンんすにも優れていると言えるでしょう。

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロの効果

薄毛治療の医薬品を服用し続けても、満足いく効果を実感できない方、または、できるだけ急を要する効果を得たい方は、デュタステリドを主成分とする、ザガーロというお薬があります。日本国内では、AGAの医薬品として認可を受けたばかりで、比較的新しいお薬となります。

5α還元酵素Ⅱ型を阻害するプロペシアに対し、このザガーロは主成分のデュタステリドが、Ⅰ型、Ⅱ型と双方を阻害する働きを持っています。要するに、これまで以上に薄毛治療への期待が持てるお薬と言えます。根気よく数か月間、既存の治療薬を続けても、あまり効果がなかった方等は、一度このお薬を試してみるのも良いかもしれません。

ザガーロの副作用

このお薬も実は私の知人が利用しておりました。効果に関しては本当に満足していると言っておりましたが、唯一気になるのは、睫毛が増えたという事です。

一目でわかるように睫毛が非常に濃くなっておりました。また、勃起不全等、良く聞かれる症状はそれほど意識した事はないという程、微々たるものだとも言っておりました。どのお薬にも言える事ではありますが、悩んでいるのであればまずは試してみるのが良いかと個人的には思います。

知人も最初は自分が薬を服用するのは抵抗があったようですが、いざ使用してみて、みるみる効果を実感すると、悩んでいた時間が本当にもったいないと言っておりました。色々試してみて、自分に合うお薬を探して、悩みが解消されるのであればそれに越した事はありません。

ザガーロのジェネリック

ザガーロジェネリック、デュタス、デュタボルブ、ベルトライド、デュタプロス等、主成分のデュタステリドを含有したジェネリックが数多く販売されており、これだけでもザガーロがどれだけ多くの方が愛用しているかがお判りいただけるかと思われます。効果に関しても、信頼できると言っても過言ではないでしょう。

自身の体質に合うお薬であれば、これほど強力で治療に適した薬はないのではないでしょうか。しかしながら、現在もAGA治療に関しては研究開発が進んでいるので、この先、更に良いお薬が販売される日が近いのではないでしょうか。

AGA治療薬を購入する方法

病院で処方

ED治療と同じく、薄毛に関しては中々打ち明けられないものです。心を許した友人や家族にも中々言い出せないのが現状かと思われます。自分自身は良いかもしれませんが、相手に気を遣わせてはいないか?相手は自分の事をどう思っているか?尚、心配事は絶えません。そのような状況下で、病院へ行く事でどれほどのメリットがあるか?またはデメリットがあるか?消去法で考えれば早いかもしれません。

薄毛を気にしない人なんてほとんどいないのではないでしょうか?もちろん年齢がある程度進み、家庭があり、薄毛治療よりも大事なものを手にしてる方であれば、そこまで気にしないかもしれませんが、大抵この悩みは、若い頃から人よりも頭髪が薄く、30を過ぎた頃から徐々に抜け毛が激しくなり、年齢よりも遥か年上に見える、営業や接客のように、仕事に差し支える等、比較的、若年性の悩みに該当するかと思われます。

病院へ行き、治療してもらうための第一歩を踏み出すのにどれほどのストレスを感じるか、その第一歩を踏み出すのが一番の難関ではないでしょうか?また、EDの項目にも記述しておりますが、初診料や、通院中に誰かに会うリスク、通院するための時間を作る等、中々ハードルは高いように感じます。更に、自分と相性の良い先生と知り合う事ができるかどうかも大きな課題となってきます。

通販で購入

一方、ネットが普及している今だからこそ最大限利用できる方法が通信販売ではないでしょうか?

通販と聞いて何を思い浮かべますか?もちろん通販にもリスクは伴います。これもメリットとデメリットを挙げていき、消去法で考えれば早いかもしれません。

一番ネックなのは、実物を見て購入する事が出来ない。個人輸入代行の場合、外国人と日本人の認識の差がある、偽物ではないか?等です。しかし、ネットが普及し、海外医薬品の代行業社が飽和状態となっている今、更なるサービス向上に努めるのは必然です。

まずは偽物に関しては、もちろん数ある代行業者の中にはそういったものを取り扱ってる業者もあるかもしれませんが、そんな事をしていれば、ネットが普及しているからこそ、悪いうわさが瞬く間に広がり、直ちに閉鎖となりますし、外国人と日本人との認識の差に関しても、日本人サポートが対応する事で、その認識の差は確実に埋まっていると言っても過言ではありません。さらに、現在営業している輸入代行業社のほとんどは、商品が届かない場合等に関しても、100%保証しているところが殆どですので、安心して良いと言えるでしょう。

日本人専用サポートを設けている代行業社を利用すれば、ある程度ディスカッションする事で、実物を見なくても安心して買い物をする事ができます。

先頭へ

目次へ