• 睡眠薬の種類とその特徴

睡眠薬には多くの種類がありますが、ルネスタ、ソナタなどが人気になっています。睡眠薬の種類、特徴などをご紹介します。

睡眠薬とは

普通に日常生活を営む上で、睡眠は欠かせないものですが、若い頃は、何も考える事なく、無心にひたすら何かに打ち込み、その日一日を精一杯生きる事で、夜になれば必然的に睡魔がやってきて寝る。その繰り返しだったとか思います。もちろん、若い頃から何かしら悩みがあって、眠れずに過ごす日もあったかと思われますが、まだ体の細胞一つ一つが若いだけあって、日常生活には何ら支障はなかったのではないでしょうか?しかし、就職するようになり、20代後半になり、30を過ぎれば睡眠がどれだけ大切かを体感できるでしょう。

睡眠薬とは

社会に出て様々なストレスを感じる事で、若い頃のように自然に眠りを享受する事が出来なくなるのは仕方のない事と言えるでしょう。ストレス社会と言われる現代の日本で睡眠薬等が普及するのは、ある意味必然ではないでしょうか。では、睡眠薬とは何か?その名の通り、睡眠を促す医薬品です。睡眠障害で仕事や日常生活に支障を来たす方が利用する医薬品です。

睡眠薬の種類

睡眠薬の種類

超短時間型

一言で睡眠薬と言っても、その種類はいくつかに分類されており、その効果も様々となります。長短時間型、短時間型、中時間型、長時間型と、自身の症状を見極める事により、自分に合った薬を選んで服用する必要があります。

長短時間型は寝つきが悪い方等が服用するお薬で、効果が出始めるのが10分~20分程度で、作用時間は5~6時間程度となっております。

短時間型

睡眠薬ではさまざまな種類があります。その中でも、「短時間で聞く薬が欲しい」や「すぐに効果が出るのが欲しい」と思って居る方も多くいらっしゃいます。そこで、睡眠薬の中でも短時間で効果が効くアモバン、エスゾピック、ハイプロン、ハイプナイトについて紹介しようと思います。どのお薬も1時間、2時間ほどの時間の効果となりますので、うつ病や不眠の方の治療などにも多く使われています。

睡眠薬は短時間や長時間など時間が長くなるにつれて効果も強くなってきますので、うつ病や不眠の方に対しては短時間型の睡眠薬が副作用も少なく安全であると言えるのです。その中でもアモバンやエスゾピックは脳を落ち着かせることもできるため、近年ではお年寄りの方が多くアモバンやルネスタを購入する人が増えてきています。

中時間型

睡眠薬で短時間型のものや長時間型のものなどについて知っている方もいらっしゃいますが、その中でも中時間型のお薬については知っている方があまりいらっしゃらないと思います。中時間型による睡眠薬は5時間ほどの効果が出ており、精神を安定するために使われています。その中でも特にルネスタのお薬が人気です。

ルネスタはアモバンで効果がでなかった人やストレスで精神が安定しない人にとってはうってつけのお薬と言えます。ルネスタにはルネスタジェネリックというお薬もありますので、とても安く購入することもできます。そのため、睡眠薬を初めて使う人や不眠症などに問題がある人にとってはルネスタジェネリックで試してから他の商品を購入したりする人もおります。

長時間型

夜なかなか眠れないという方も多くいらっしゃいます。そのために、長時間の睡眠薬がございます。夜の眠りをできるようにするためのお薬であるので、若い人たちからお年寄りの人たちまで不眠症に悩まされている方にとってはいいお薬と言えます。

その中でもロゼレムジェネリックのお薬が有名です。あまり耳にする方は少ないと思いますが、夜眠れない方にとって自然な感じの眠りを提供することができるお薬であるため、体調を整えたり、体内時計の調整をも行ってくれるお薬です。お値段も1錠あたり100円もしないので、たくさんの量を購入することもできます。しかし、副作用も強く頭痛やめまいも起こることがありますので、不眠症に悩まされている方は医師に相談してから短時間型のお薬から睡眠薬に慣れていく方が良いと思います。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタの効果

睡眠薬と聞いて多くの方が耳にするのは「ルネスタ」というお薬になります。

ルネスタは睡眠薬の中では長短時間型であるため、お年寄りの人たちからも人気のお薬とされています。口コミなどにおいても効果は出て副作用は少ないといったことが良く書かれています。ルネスタは脳の神経を落ちつかせることのできる効果があるため、自然な形で眠ることができます。また、新しいお薬ともされているため今後はもっと人気が高くなると思われます。

ルネスタにはルネスタジェネリックというものもありますので、より安く購入することもできます。ルネスタについてちょっと不安に思っている人や睡眠薬の副作用について抵抗がある人にとっては、まずは、ルネスタジェネリックを使ってみることがおすすめです。ルネスタジェネリックは1錠あたり100円未満で購入することができるので、試しに使ってみて合わなければ、他の睡眠薬に切り替えし、自分の体に合った場合、多く購入することもできます。

ルネスタの副作用

ルネスタ(Lunesta)の副作用をご案内させて頂きます。副作用が起きるという事は、ルネスタの効果が現れている事なので、あまり悲観的にならないで下さい。ルネスタは脳神経を静める作用があり、リラックスさせる睡眠薬の為、あまり大きな副作用は有りませんが、眠気、頭がボーっとする、頭痛、めまい、ふらつきなどがあります為、仕事前や自動車に乗る前などに服用は絶対に行わないで下さい。

ルネスタのジェネリック

ハイプナイト、エスゾピック、ルネスタジェネリックと、これらは全てルネスタのジェネリックになります。人気商品なので、ジェネリックの種類も豊富です。しかもアプローチが様々なので、自身の症状を理解し、どういう睡眠を望むのかを見極めれば、ピンポイントで自分に合った薬を探すことができるのではないでしょうか?薬を選ぶ上で一番良くないのは、やはりとにかく効くものという選び方や、全く見当はずれの症状を改善する薬を知らず知らず服用を続ける事かと個人的には思います。

ソナタ

ソナタ

ソナタの効果

続いて、ソナタに関して記載いたします。このお薬は、睡眠薬としてだけでなく、抗不安薬としての効果も期待できるため、気持ちを落ち着かせたい、緊張や興奮を緩和したい等、その用途は睡眠障害の方だけではなく、うつの方にも人気の商品です。ただし、他の抗うつ剤等を服用している場合は、医師に相談してから服用する事をおススメします。理由としては、効果を強めてしまう場合がある為です。単品で服用する事が前提で製造されているという事を念頭に置いて服用するようにしましょう。

ソナタの副作用

副作用に関しては、有効成分が、既存の睡眠薬より、自然な睡眠に誘われる事を前提に開発された有効成分が含有されておりますので、比較的少ないと言われておりますが、やはり体質により、副作用は発症します。主に、眩暈、眠気(服用しても眠気が取れない場合)、うつ、倦怠感等、この他にも報告されている副作用はありますが、稀にアレルギーによる、重篤な副作用がある事も服用する前に念頭に置いておきましょう。

ソナタの飲み方

飲み方としては、推奨されているのは成人で1日1錠とされておりますが、これは目安なので、人により、それ以下の服用が望まれる場合もあります。また、体重、高齢等、主に体が弱い方、肝臓に疾患をお持ちの方の場合、医師に相談してから服用するのが良いと思われます。

睡眠薬を購入する方法

睡眠薬を購入する方法

病院で処方

ED治療薬、薄毛の治療薬、睡眠薬等、今まで書き綴ったお薬はどれも病院でも処方されますし、通販でも購入できますが、今まで記述した通り、中々他人には知られたくない症状に分類される病気かと思います。何度も書きましたが、精神的に不安定な状態で外出し、自分に合った病院やクリニックを見つけるのは、いささかハードルが高いと感じるのは私だけでしょうか。

通販で購入

精神的に不安定な状態であればこそ、部屋から出ずに、できるだけ買い物だって済ませたいのは当然です。うつの人に対して頑張ってというのはNGワードというように、そんな中無理をしてしまっては、色々弊害が生じてしまいます。身体も心も休めるのが一番です。それに、そんな状態では誰とも会いたくないのは当然です。通販で誰にも会わずに症状を緩和できるのであれば、それに越した事はないですよね?今更ではありますが、優良な海外医薬品の代行業者を上手く利用し、心身ともに、健やかに、快適な日常生活を営むというのは平等に与えられた当然な権利です。悩む必要はないかと思います。

先頭へ

目次へ